-------- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2008-07-07 Mon
外部メディアから削除してしまったファイルを復元する「Recuva」
screen3.png

「Recuva」
http://www.recuva.com/download
今回紹介する「Recuva」は,ハードディスクやリムーバブルディスク等の外部メディアから削除してしまったファイルを、高速に復元するソフトウェアです。

使い方は↓

パチンコ・スロットの攻略情報無料提供中

長いので、読まなくても大丈夫です。

1. 画面左上にあるプルダウンメニューをクリックし、削除してしまったファイルが存在していたドライブを選択します。
2. 「スキャン」ボタンをクリック。
消失したファイルの検索処理が始まりますので、しばらく待ちます。
3. 検索が終了すると、画面中央のリストに削除済みのファイルが一覧表示されます。
ファイルは、
* ファイル名
* 削除元のパス
* 最終更新日時
* サイズ
* 状態※1
* ファイルに対するコメント※2
ごとにカラム分けして表示され、各項目ごとにソートすることができます。
※1 ファイルの状態は、「高確率」「中確立」「低確率」「復元不可能」の4 段階に分けられ、
確率が高いほどファイルを正常に復旧することができる。
※2 ファイルが上書きされているか否かを確認することができる。
4. 必要であれば、検索結果のファイルを指定した文字列でフィルタリングしてみます。
この場合、画面右上にある検索フォームに、削除してしまったファイルの名前(の一部)、
あるいは拡張子を入力します※3。
※3 フォームの右端にある ▼ をクリックし、ファイルの種類を指定しても良い。
指定できるファイルの種類は、ピクチャ / ミュージック / ドキュメント / ビデオ。
ちなみに、ファイルはごみ箱から削除するとリネームされてしまうため、通常は
「最終更新日」や「拡張子」を目安にしてファイルを探します※4。
※4 また、ごみ箱から削除されたファイルは、「パス」欄に「$Recycle.bin\~」と
表示されているので、それらのファイルを中心に探す。
5. ファイルの状態が良ければ、削除済みのファイルを復元前にプレビュー表示することもできます。
操作は簡単で、内容をプレビューしたいファイルを選択するだけ。
すると、画面右側のプレビューウインドウに、ファイルの内容が自動でプレビューされます。
このプレビューウインドウでは、さらにファイルの詳細情報やヘッダを確認することもできます。
6. 復元したいファイルにチェックを入れ、画面右下の「復元」ボタンを押します。
7. 「フォルダの参照」ダイアログが表示されるので、復元先のフォルダを指定すればOK※5。
※5 この時、復元元のドライブとは違うドライブ内のフォルダを指定する。
8. 検索で見つかったファイルを、二度と復元できないように完全削除することもできます。
ファイルを完全削除するには、削除対象とするファイルにチェックを入れ、右クリック →
* チェックされたファイルをセキュアな方式で削除
を選択すればOK です※6。
※6 画面右上の「設定」 → 「詳細設定」から、ファイルの削除方式を設定することもできる。
削除方式は、単純な上書き / 米国国防総省 NISPOM 方式 / NSA方式 / Gutmann方式
の中から選べる。

パチンコ・スロットの攻略情報無料提供中
スポンサーサイト
別窓 | 激裏ツール | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「mario forever」「mario worker」 | 裏情報いろいろ | ファミコンゲームをWeb上でプレイできるサイト「vNES」>>
this comment
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

this trackback
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

| 裏情報いろいろ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。